京都市山科青少年活動センター

プラッとやませい
寄り道できるイベントや自分たちで企画するイベント、地域の方と一緒にできる活動などいろいろしています。やってみたいことがみつかったり、新しい出会いがあったりするかも!ぜひ、一度きてみてください☆


PICKUP!“イチオシ”情報をご紹介します!

(重要) 青少年活動センター利用者の皆様 ~開館について~
平素は青少年活動センターをご利用いただき,厚く御礼申し上げます。この度の,新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々に哀悼の意を表しますとともに,罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げます。
青少年活動センターは,新型コロナウイルス感染拡大防止に向け全館臨時休館しておりましたが,京都府内の緊急事態宣言の解除を受け,下記の通り段階的に開館いたします。開館にあたっては,感染防止策を徹底し,ご利用の皆様には「混雑緩和」「ソーシャルディスタンスの確保」などにご協力いただきながら,安全・安心に運営してまいります。何かとご不便をおかけすることもございますが,何卒ご理解,ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。【5/22更新】
【利用について】
・当センター「中会議室」の利用にあたっては,会議室に換気扇がありませんので,必ず窓を定期的に開けてご利用いただくことが条件の利用となります。
・会議室等で,ピアノや楽器演奏又はダンスなどで音楽を再生する場合,30分ごとに演奏等を中断し,5分間窓と出入口を開けて換気を行う事が利用の条件となります。(音楽を流すこと,楽器利用時,周辺住民や他の利用者の迷惑となるため窓を閉めて頂きますが,「換気の徹底」にご協力いただくため,30分毎に上記対応をお願いいたします。) 
 

・山科青少年活動センターの東側のブロック塀の改修工事に伴い,令和3年1月から3月のテニスコートの利用を中止させていただくとともに,工事着工時期によっては,令和2年12月も一部の使用を中止させていただく場合があります。御不便をおかけしますが,御理解の程,よろしくお願いします。 


まちのちゃぶ台ネットワーク山科 2020年度 第1回開催しました。

子ども食堂や学習支援など「子ども若者に関わる活動」に関心をお持ちの方々が繋がり、ともに協力しあうため「まちのちゃぶ台ネットワーク山科」をたちあげました。(2016年~)
今年度第1回目の集いを下記日程で開催します。初めての方もお気軽にご参加ください。
※当日は会場にてZOOMも立ち上げ、オンライン&対面両方可能な集いにしたいと思っています。

  • 日時:2020年7月9日(木) 18:30~20:30 
    場所:京都市山科青少年活動センター 料理室
    ご興味をお持ちの方はこちらをご覧ください。

イチオシinfo☆中学生の学習支援事業 ボランティア募集中!

山科青少年活動センターの学習支援事業ほか,関係団体の情報をご紹介します。
お気軽にお問合せください!

  • やましな中学生学習会
    山科保健福祉センター等の機関から紹介を受けた中学生を対象に,高校進学のための学習会を行っています。勉強のみならず,将来のことや日頃の悩みなどを話したりしながら,居場所&学習を一緒にした空間です。学習会は,毎週金曜日の17:30~19:30,山科センターで開いています。中学生をサポートする大学生~30歳までの「学習会ボランティアスタッフ」の活動は,17:00~20:45まで。(学習会終了後,片付け・ふりかえり) 
  • 勧修中学校区こどもの学びサポートプログラム
    NPO山科醍醐こどものひろば,山科区社会福祉協議会,山科青少年活動センターの3団体が,地域の有志の方々のご協力を得て立ち上げました。中学校と連携し「地域で子どもたちを育てる」理念にもとづき学習支援を中学校内で行っています。学校が開いている木曜日 午後4時半~6時半(休憩タイム含む)に実施。その後ふりかえりの時間を1時間程度もちます。12月クリスマス会,3月卒業会などイベントも実施しています。 

イチオシinfo☆地域通貨「べる」を広める青少年ボランティア募集!

山科地域で地域通貨「べる」活動,一緒にすすめませんか?  地域通貨べるは,「1べる=1円」の価値の地域通貨として山科青少年活動センターが5年前から発行しています。10代の青少年は,事務作業や地域活動など(べるのお仕事)を行った対価として地域通貨を得ることができ,得た通貨は「べるが使えるお店」で使用できます。中高生年代の青少年が様々な活動をすることで「人から感謝される」体験をすることや,「べる」の協力をしていただいている店舗の方々と通貨を通じて会話し関わることで,いろんな話しができ,相談できる「居場所 」が増えること,「地域で青少年を見守ること」を意図しています。

  • 使えるところ:やませいカフェ・やませい食堂の他、「べる」パートナー店舗で使えます。山科区内の子ども食堂・文具店・ケーキ屋さん・カフェ・ハンバーグ・中華料理店等 

駐車場のご利用について

  駐車場の利用についてご協力をお願いしています。歩道にはみ出る車は駐車できなくなりました。
※詳しくは、こちらをご覧ください→


センターからのお知らせ

085f5ee7b63b4650c7c8165cc885ef191-120x120.jpg
【お知らせ】やませいカフェ Mountain Blue
現在、コロナウイルス感染防止対策として席数や滞在時間の制限をしております。また、利用前に検温をさせていただいております。ご理解・ご協力よろしくお願いいたします。   やませいカフェ「Mountain Blue」は毎週火曜 … 続きを読む (20.11.27)
IMG_4804-120x120.jpg
【お知らせ】【11/21(土)実施します】やませい食堂(子ども食堂)
10/17(土)より再開しました。 やませい食堂 やませい食堂にいつもお越しいただきありがとうございます。たくさんの方にご来館いただいている「やませい食堂」を再開いたします。(多くの世代の方が集う場のため)現在、コロナウ … 続きを読む (20.11.12)
IMG_3330-120x120.jpg
【お知らせ】山科未来プロジェクト 地域で活動「ボランティア」してみませんか?!
  青少年の地域への参加の支援と機会の提供,青少年が他世代と交流できる機会をすすめています。   地域の清掃活動やイベントなどに参加・協力します。青少年が企画する「地域イベント」も実施していきます。興味がある方は是非お問 … 続きを読む (20.10.04)
【お知らせ】地域通貨「べる」パートナー・MAP
☆地域通貨べるパートナー団体(登録順・敬称略)        *香東園やましな      *社会福祉法人オリーブの会      *特定非営利活動法人山科醍醐こどものひろば         *ロミーズ (RomieR … 続きを読む (20.09.01)
CIMG3740-120x120.jpg
【お知らせ】中高生のスポーツタイム
日曜日と祝日,および学休期間(夏休み・冬休み・春休み)の14~16時の間は,やませいのスポーツルームを中高生向けに開放しています。 ※中学生または高校生のグループが予約・利用できます。 ※「中高生タイム」で利用できる時間 … 続きを読む (20.04.05)
1cce4f25421239c330baee9629867f88-120x120.jpg
【お知らせ】※延期※「大人カフェ」~こども・若者(青少年)にできることは何か を語りあう~
※延期※大人カフェ ~子ども食堂実践者をゲストに語りあう座談会~ コロナウィルス感染症拡大防止対策により、中止いたします。 身近にいる人たちが,こども若者を支えるために…子ども・若者のためになにかしたい,なにができるかな … 続きを読む (20.03.16)
e2d99d1b5d47c247299efc006110b6ac-120x120.png
【お知らせ】※中止※ 山科ひまわり食堂(3月)
   家で一人で食べるより みんなでワイワイ 食べませんか! ほっこりできる食事を 用意して 待ってま~す!! (ご家族の方もお子さんとご一緒におこしください。)  毎月第4金曜日 17:00~18:30 こども 100 … 続きを読む (20.03.15)
25c3fc895882d70aba2454e179a6b9c5-120x120.jpg
【お知らせ】地域通貨「べる」応援ください!「べる」サポーター募集‼
   地域通貨「べる」は,10代の青少年の地域活動参画を促し,また,青少年の活躍を地域が見守り応援する仕組みとして平成27年8月より実施しています。 中高生年代の青少年が事務作業や地域活動(=「べる活」)を行えば,その対 … 続きを読む (19.11.27)
yamasei_festa-120x120.png
【お知らせ】やませいフェスタ 2019 開催しました。
「やませいフェスタ」11/4(月祝) 開催します‼ 毎年「やませい」の周りの施設等地域と一緒に開催する秋のおまつり。(※「やませい」とは山科青少年活動センターの愛称です。) 11月4日(月・祝) 11時~15時 京都市山 … 続きを読む (19.11.05)
2d2779565976a0afdb11423792510c60-120x120.png
【お知らせ】やましなに子ども食堂を広げましょう
◎◎  山科に子ども食堂・学習支援の環を広げましょう ◎◎ まちのちゃぶ台ネットワーク 山科山科区のいろいろな場所に子ども食堂を 学習支援の場をいろいろな形の子ども食堂を 学習支援の機会を 「食」や「学び」を切り口にして … 続きを読む (19.10.22)

ページの先頭へ戻る