分岐点

蓮行

更新日:2011年09月18日(日)

蓮行 劇団衛星代表/有限会社如意プロデュース代表取締役
劇団衛星代表、蓮行である。
 休む間も考える間も無く芝居をやってきて、その上昔のことはさっぱり忘れてしまうので、分岐点なんて無いんだけどなーと思っていたのだが…、あった。それは大学3年の時であった。京大の学生劇団、潔癖青年文化団(現・劇団ケッペキ)の代表を辞めた時。芝居もやめようと思ったことを思い出した。我ながら大事なことを忘れていたものである。
 学生劇団というのは、楽しく演劇ができればいいという人から、プロ志向の人まで混在しているわけで、そこが難しい。正にそこの部分がうまくいかなくて、代表を降りたのだけれど、致命的に人望が無かったので、新たに劇団を作ろうにもどうにもならない。仕方がないので、来た話は何でも受けよう。自分の劇団以外で評価が得られないなら、それは才能が無いんだから芝居はもうやめよう、と思っていた。幸い、先日中京青年の家で公演をされていた僧侶、佐伯修史氏の劇団「佐々木企画」に誘っていただき、出演した。2時間半絶叫を続ける作品で、僕は生まれて初めてのキスシーンまでやらされたのだが、この時の4人のキャストの中でもっとも苛烈な役を任されたのが、今衛星で看板を張る岡嶋秀昭である。彼の演技はすごかった。そして、平生の会話はまったく弾まなかった。二人とも性格が暗かったのである。だが、才能ある人と出会えた「運」こそ、最も重要なのだろう。それから衛星の旗揚げに誘い、あれから5年、今日まで続いている。彼の演技はさらに磨きがかかり、相変わらず会話はさっぱり弾まない。

ページの先頭へ戻る