センターからのお知らせ, 事業案内, 子ども食堂

山科の子ども食堂

更新日:2017年10月03日(火)

ただいま5件がひらいています。(2017年9月現在)

食堂名 開設 内容など
山科ひまわり食堂 2017年9月 食堂会場 香東園やましなTSUBAKI山科になる高齢者福祉施設のカフェで開いています。
家で一人で食べるより みんなでワイワイ ガヤガワ食べませんか!
ご家族の方もお子さんとご一緒におこしください.
西野山食堂 2017年4月 宿題をしたり、遊んだり、自由にお過ごしください。
大家族の夕食のような暖かい時間を一緒に過ごしましょう。
コミュニティcafeを使って 毎週開いています。
  cafeのページ
笑人カフェ どんげね?~子ども食堂~ 2016年11月 「どんげね?」は宮崎弁で【調子はどう?元気?」という意味のやさしい言葉です。
天ぷら屋さんのお店で開かれています。
子どもがひとりで食べに行ける場(居場所)です。
子どもだけなく、大人も安心して食べられる ほっこりスペースが”です。
  笑人のページ
やましなで子ども食堂 2016年6月

2月パエリア食堂関心のある人が集まって経験を積める場所として2016年度に運営してきました。
地域の様々な人たちが集まって毎回形を変えて食堂を運営してきました。
この経験をもとに食堂を開かれる方が生まれています。
2017年の後半からはセンターの子ども食堂として再出発します。
  これまでの活動記録

おむすびの会 2014年7月 子ども食堂という言葉が生まれる前から開かれている山科で一番古い食堂です。
小さな子どもと保護者の人がゆったりとくつろげる場所を作られています。
  おむすびのブログ

ページの先頭へ戻る