センターからのお知らせ, 事業案内

親こころサロン

更新日:2019年11月10日(日)

親こころサロン

 

子どもが仕事に就かず不安だ…. どう接してよいのかわからない….

保護者が対象のミニ講義や話し合いを通して学び合える場です。

新たな気づきのきっかけにぜひご参加ください。

 

  • プログラム内容
  • 1~2日目 「ミニ講義やワーク」
    ひきこもりに関する基本的な知識を学び、少人数での話し合いをしながらお互いに交流をしていただきます。
    ミニ講義のテーマ ひきこもっている時の心情、親から若者への関わり方・注意すべきこと等
  • 3日目 「若者との座談会」
    ひきこもり経験のある若者から話を聞き、質問や交流をします。

 

講師:坂本 真佐哉 氏

神戸松蔭女子学院大学 教授(人間科学部長、神戸松蔭こころのケア・センター所長)
灘中学校・高等学校スクールカウンセラー・臨床心理士、日本家族療法学会認定スーパーヴァイザー
30年以上にわたって教育現場や医療現場を中心として、不登校や引きこもり、心身症などさまざまな問題に対して心理支援を実践している。
著書は、「今日から始まるナラティブ・セラピー」(日本評論社、2019)、「逆転の家族面接」(編集、日本評論社、2017)、「不登校・ひきこもりに効くブリーフセラピー」(編集、日本評論社、2016)、「暮らしの中のカウンセリング入門」(分担執筆、北大路書房、2016)ほか。

 

  • 参加対象:わが子(学校を卒業・中退後、あるいは仕事を辞めた後、無業の状態にある15~39歳)の自立を考える保護者の方
  • 開催日:全3日間のプログラムになります。3日間参加いただけない場合はご相談ください。
        令和元年 11月30日(土)、12月7日(土)、12月14日(土)
  • 時間 :13:30~15:30
  • 会場 :京都市中央青少年活動センター 中会議室
  • 定員 :20名 (事前申し込み制です)
  • 申込・問合せ:京都若者サポートステーション  TEL:075-213-0116 

 

ページの先頭へ戻る