保護者のみなさまへ

仕事につくことへの不安や、人間関係に困難さを持っているなど、社会に第一歩を踏み出せない状況にあるわが子に、どのように接していけばよいかお悩みの保護者の方のための“保護者相談”と、保護者の方々がミニ講義や話し合いを通じて学び合う場である“親こころ塾”を行っています。

保護者相談

お子さんが自分でサポートステーションに来られるようになるために,保護者の方ができることを相談させていただきます。
予約が必要です。事前にサポートステーション窓口にお越しいただいて、お子さんの状況をお聞かせいただいてからのご利用になります。
なお、相談の会場は、サポートステーションではありませんのでご注意ください。

《参加対象》学校を卒業・中退後、あるいは仕事を辞めた後、現在働いていない15歳から39歳までの子どもをもつ保護者の方

 

日時 第2金曜日,第3土曜日15:00~18:00(1回50分程度)
会場 京都市南青少年活動センター 相談室
〒601-8841 京都市南区西九条南田町72

 

親こころ塾

若者がひきこもる状態の理解、親の態度が子どもにとって意味するところ、苦しい状況でのわが子へのアプローチの仕方、若者との交流会、など講義やワークを行います。新たな気づきのきっかけとなる場でも有ります。(全3回)

《参加対象》学校を卒業・中退後、あるいは仕事を辞めたあと一定期間無業の状態にある15歳から39歳までの子どもの自立を考える保護者の方

ページの先頭へ戻る