センターからのお知らせ, 事業案内

演劇から学ぶ「働くためのコミュニケーションワーク」

更新日:2017年05月02日(火)

演劇から学ぶ、

「働くためのコミュニケーションワーク」 

 

「伝えるむずかしさより、伝わるたのしみを感じるプログラム!」

ナビゲーターと一緒にコミュニケーションについて考えます。

ゲームや役者のトレーニング方法、ストレッチ・発声練習

インプロビゼーション(即興演劇)の手法から

「自分を表現する」

「他者の表現を受け止める」ことについて体験します。

この場でのやり取りが、他者とのつながりを生むきっかけとなります。

自分にあったコミュニケーションの手がかりをみつけましょう。

体験できるワンデーセミナーと、じっくり学ぶワークショップシリーズを開催します。

 

プログラム

  • 演劇の基本、発声してみよう
  • 台本を読んで演じてみよう
  • 音や声など気配を感じてみよう
  • ジェスチャーゲームで伝えてみよう
    *プログラムの一例です。内容は進行上変更することがあります。
 point
  毎回行うこと=ストレッチ
  からだを伸ばす、ひらく、あたためることで、気持ちと身体をやわらげます。 

 

1.日  時:

 ・ワンデイセミナー     5月30日(火 )

 ・ワークショップシリーズ 6月6日(火) 、9日(金 ) 、13日(火 )、16日(金)  全4回

            いずれも 13:30~16:30

       ※両方の参加、大歓迎!! 

2.場  所:京都市東山青少年活動センター

3.講  師:二口大学(ふたぐちだいがく;俳優・大学講師)
       広田ゆうみ(ひろたゆうみ;俳優) 

4.参加対象:学校を卒業・中退後、あるいは退職後働いていない15~39歳の方
       ◎演劇経験は必要ありません 

5.参加費 :無料(動きやすい服装でお越しください。例:ジャージ、スウェットなど)

6.定  員:15名(先着順)

7.申し込み・問い合わせ:

 東山青少年活動センター → 電話 075-541-0619

 

ページの先頭へ戻る