青少年活動センターについて

ユースサービスの考え方をもとに、公益財団法人 京都市ユースサービス協会が指定管理者として運営する、京都市の施設です。 市内に7ヶ所あり、主な対象は京都市に在住か、または在学・在勤の青少年(中学生年齢~30歳)で、自主的な活動であれば、 グループやサークル活動の場として、また、情報交換の場として利用していただけます。また、各センターそれぞれに環境・国際・ スポーツ・レクリエーション・地域交流などのテーマ性を持った、事業展開を行っていますので、そうしたプログラムへの参加も していただけます。また、中3学習会の実施や居場所機能の充実、就労支援プログラムなど、課題のある青少年に対するプログラムも 実施しています。
東山青少年活動センターは、演劇やダンス、音楽、アート、美術・工芸など創造表現活動ができる設備があり、 若者文化の発信基地として、創造表現活動の楽しさにふれたり、社会とのつながりを発見したり、自己成長を 様々に応援するプログラムを展開しています。
 
BUボタン 演劇経験の少ない人たちが、参加者同士のコミュニケーションをもとに演出家や講師、裏方スタッフとの協力関係を大切にしながら、3か月かけて一つの作品を創り上げ、公演を行います。
DS1ボタン ダンス創作は自身のからだと向き合う必要があり、そこから自分と向き合い、ひとと向き合う力が育まれます。そうした時間(約4か月)から生まれた作品を最後に上演します。
からだボタン 知的な障がいのある青少年のための表現活動で、からだを動かすことを中心に余暇の充実も図ります。ダンサーやボランティアと一緒に、からだを使って創造やコミュニケーションを楽しむプログラムです。
ASボタン 知的な障がいのある青少年のための表現活動で、アートを中心とした創造活動で余暇の充実も図ります。講師の指導のもと、ボランティアとともに作品を創り上げるアトリエ活動です。
SPボタン 創造活動室を使って実施できる自主公演を公募し、ボランティアの協力も得ながら、公演実施に向けてのサポートを行います。公演経験が少なくても大丈夫。
じぶんボタン 京都若者サポートステーションとの連携で、創造的なダンスを用いた就労支援プログラム。リラクゼーション、からだのリズムを整える、ダンス創作を通してコミュニケーションするなど、就労準備に役立てます。
展示ボタン 個人・グループの表現・発表の場として展示者を公募しています。様々なジャンルの展示が可能となるよう、サートを行います。ロビーや廊下の壁面を使うことができます。
未来ボタン ロームシアター京都との連携プログラムで、創造活動に関わるキャリアデザインを描くきっかけとしての機会提供を行っています。

ページの先頭へ戻る