アーカイブ

分岐点

アーカイブ

【お知らせ】山岡 徳貴子
山岡 徳貴子 魚灯 「分岐点」という事を自分の中で思うとはっきりとした点を思い浮かべることはできない。いまだにグズグズと日々悩み続けている状態で。この歳までグズグズしているときっと命が終わるまで同じようにグズグズしている … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】松田 正隆
松田 正隆 劇作家 大学での演劇祭に出ようと、友人が誘ってくれたのが、私が演劇にかかわるようになったきっかけです。その友人との出会いがなければ、私は演劇を職業にすることもなかったと思います。当時の私は、舞台の上で何かを表 … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】丸井 重樹
丸井 重樹 ベトナムからの笑い声代表/C.T.T.事務局 去年の大晦日。五年ぶりに家族揃って年を越した。  うちは野球一家だ。父親は高校時代、春・夏甲子園に出場、国体にも出た。しかもセカンドでキャプテン。真ん中の弟は、父 … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】渕上 純子
渕上 純子 ミュージシャン(ふちがみとふなと) 私の分岐点といえば、プロミュージシャンになりたくて仕方なかった自分と、そういうのがどうでもよくなった自分、の分かれ目かなあ、と思う。なりたくて仕方ない時にはどうあがいてもな … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】二口 大学
二口 大学 役者 芝居を始めて十二年になる。この年月は長いのか短いのか僕にはわからない。相変わらず漂流しているなあ、と思う。様々な問題意識によって生まれてくる不安、孤独、疑心暗鬼等、漠然とした塊がいつも隣りであぐらをかい … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】橋本 裕介
橋本 裕介 プロデューサー 私は大阪の郊外に育ったテレビっ子なんだが、そんな事情で今日まで大きな選択もせずのんべんだらりとテレビの前で生きてきたものの、青春時代を過ぎる頃から誰も他人の歩む道など決めてくれなくなるので、仕 … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】堂岡 俊弘
堂岡 俊弘 舞台音響効果家 私は、京都で演劇の音響効果をしているものです。今年で40歳になります。私の分岐点は、ある人との出会いにありました。大学の演劇サークルの先輩です。私は大学4年間、暇さえあればその人の下宿に遊びに … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】土田 英生
土田 英生 劇作家・演出家・役者(MONO) 現場のバイトでクタクタに疲れて地下鉄に乗っていた。今から稽古だ。しかし稽古とはいっても出番はわずかで、ほとんど三時間ただ練習を見ているだけなのだ。東京に来て一年が経っていた。 … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】竹ち代 毬也
竹ち代 毬也 ダンサー 絵を描くのが好きだったがたいして上手いわけでもなく、それで生活できるわけでもないので何となく知人の紹介で高校卒業後デザイン事務所に就職した。決められたアイディアを元に決められた色で図案にする何とな … 続きを読む (11.09.18)
【お知らせ】鈴江 俊郎
鈴江 俊郎 劇作家・演出家・役者(劇団八時半) 初めて台本を書く気分ってどんなのだったろう。……目に浮かぶのは図書館の風景。大学の図書館だ。  当時私は一年留年中。クラスの同級生はほぼ全員卒業してしまっていて、友達はもは … 続きを読む (11.09.18)

ページの先頭へ戻る