協会からのお知らせ


ユースシンポジウム アーカイブ

更新日:2017年10月26日(木)

これまでに開催したユースシンポジウムの報告です。

若者や、若者の支援や活動に関わる人など、市民とともに若者の生き方について、

研究討議する事業として毎年テーマを変えて開催しています。

公式Facebook  https://www.facebook.com/youthsymposium
公式Twitter https://twitter.com/ys_sympo
 

ユースシンポジウム2018 若者未来構築計画(仮)

2019年、平成が約30年で幕を下ろしました・

急激に変化した社会の中で、今までとはちがう生き方を求められている若者たち。

新たな時代について、みんなで一緒に考えませんか。

若者ガ未来ヲ構築スルタメノ計画(仮) そう、主役は、アナタです。

  • 日時:2018年9月24日(月・祝)
  • 場所:下京青少年活動センター
  • 対象:テーマの関心のある若者・一般市民
プログラム

壱 ゲストトーク:若者ノ現在報告

社会システムのありよう自体自体が大きく変化した”平成”の時代。

平成の就職氷河期の時代を生きた”ロスジェネ世代”の方をゲストに迎え、平成をひも解きます。

弐 グループワーク:若者未来構築計画(仮)

どんなオトナになりたいかワールドカフェ形式で意見交換をします。

グループメンバーを変えながらいろんな人と話ができます。自分たちの未来構築計画をつくろう!

参 ポスターセッション・講評

グループワークでの議論を可視化したものを、お互いに見て回ります。

その後ゲストから講評をいただきます。

 
 

ユースシンポジウム2017 あなたと考える、これからのオトナ

大人は「働いている”べき”」「社会を担っていく”べき”」

…いろいろな視点の”べき”から語られる「大人」。

しかし、ライフスタイルが多様化する”今”、社会で求められる「大人」になることは容易ではありません。

大人でも子どもでもない「若者」の視点から、「大人」についえ考え、語り合うシンポジウムです。

自身の大人観を考えることから、若者の”今”について考えてみませんか?

  • 日時:2017年12月17日(日)13:00~17:00
  • 場所:下京青少年活動センター
  • 対象:テーマに関心のある若者・市民一般
プログラム

セッション1 基調講演:大人とこどものはざまで生きる私たち

大人になるってどういうこと?若者の青春を描いてきた作家の武田綾乃さんと一緒に考えました。

セッション2 分科会:自分と向き合う分科会

「大人」をテーマにじっくりと考え、話をしたり深めたりすることができる7つの分科会です。

セッション3 これからの大人の話をしよう

内容を振り返り、ミライが明るくなる若者目線の「これからのオトナ」の条件を希望者全員で考えます。

ユースシンポジウム2016 ミッケ!語るDAY~カタルがつながる。ワタシがみつかる。~

それにしても、「語る」って難しい。

もっとラフにもやもやしながらコトバに頼らない表現があってもいい。

“わたし”を表現できる場はありますか?安心して自分を表現できる場、一緒に語る場はありますか?

「自分を語ることで新しい自分を見つけました」

「普段出会わない人の語りに耳を傾けることで新しい価値観に出会えました」

という『つながりの場』をつくります。

  • 日時:2016年12月10日(土)10:00~17:30
  • 場所:京都市中京青少年活動センター
  • 対象:テーマに関心のある若者・市民一般
  • 参加費:無料/31歳以上の方は500円
  • 昼食:任意で事前申し込み500円
プログラム

第一部:講演会 『トーク・リフォーム』 10:00~11:00

 「語る」とは、話し手と聴き手がいて初めて成立するものです。ゲストをお呼びして話し方や聴く姿勢を学んでいきます。

第二部:話し合い『語り道場』 11:00~12:00

 「語る」「聴く」をより深め、仲間をつくっていきます。

昼食会『カタリの森のカタリcafe』 12:00~13:30

 「語る」という行動にはたくさんの表現方法があります。直接語らなくても人に伝わるファッションショーを観ながら、昼食を食べていただける空間を演出します。

第三部:語り合い『語り市~カタリッチ~』 13:30~16:30

 テーマ別に会場を区切り恋愛や将来のことなど生活に関わる事柄について「語る」場所を提供します。

第四部:交流会 『ミッケ!あしたからのワタシ』 16:30~17:30
 当日の学びを整理し、明日からの私の語りに活かすまとめの時間です。

ユースシンポジウム2015 人生はサバイバル!!

この社会を、いまを、わたしを、どう生き抜いていこうか。

生き方の多様化は良いことだけれど、“わたし”はどうすればいいの?

答えは誰も教えてくれないから、悩むことも迷宮入りすることも、きっと間違いではないはず。

同じ年代の迷いや、人生のセンパイの生き様に触れて、語り合いませんか?

   

  • 日時:2015年9月27日(日) 10:00~17:30
  • 場所:京都市下京青少年活動センター 
  • 対象:若者・一般市民 (定員:先着100名)
  • 費用:30歳まで無料,31歳以上500円
プログラム

第一部:対談会 『これが私の生きる道』 10:00~12:00
 自分の道を選びとってきた若者をお招きし、それぞれの価値観やターニングポイントにまつわるお話を語っていただきます。

第二部:トークフリマ『reconsider:本当の自分』 13:00~16:30

 今年のテーマは“サバイバル”。
 「恋愛」「将来」「職業」などをテーマに自分の思いを熱く語り合う場です。 様々な人のサバイバル経験を聴き合い、今までの自分を振り返ることで新しい自分を見つけてみませんか?

第三部:交流会『また逢う日まで』 16:30~17:30

 コンセプトは「発見と発展」
 今日の出逢いに感謝して、参加者とゲスト、運営スタッフもいっしょに交流しましょう!!

報告書 “いまの時代を生き抜く~若者からの発信~”

 

表紙・裏表紙

  p.2-3   p.4-5

  p.6-7   p.8-9

  p.10-11  p.12-13

  p.14-15

人生はサバイバル!!と題したユースシンポジウムの事業報告書を発行しました。 
副題を“いまの時代を生き抜く~若者からの発信~”としました。

当日どんなことが話されたのか、若者にとってのサバイバルとは何か?
参加者それぞれの声をたくさん掲載しました。
ぜひ、ご高覧ください。 ※ページごとにDL可能です。

ユースシンポジウム2014 動き出す、わたしのワカモノガタリ

ユースシンポジウム2014では、若者が語る若者の物語にスポットをあてます。

不器用でも楽しい、輝く物語がここにあります。多様な価値観とつながることからは始まる、一人ひとりのワカモノガタリ

参加者とゲストや出展する若者たちが対話を重ねながら、一人ひとりの物語を紡いでいくような場になりました。

   

  • 日時:2014年9月28日 (日) 10時~18時
  • 場所:ウィングス京都・中京青少年活動センター
プログラム

第一部:全体会 私にとってのコミュニティ~見つけよう!私の大切な場所(もの) 10:00~12:00

第二部:13:00~17:00

①トークフリマ:あなたにとって『豊かさ』とはなんですか?

②フィールプレイス;みんなの『豊かさ』に出会う体感型スペース

③セミナー:若者が語る 私の働きマインド

第三部:交流会 17:00~18:00

   

事業報告書「動き出す、わたしのワカモノガタリ」

事業報告書を発行しました。 当日どんなことが話されたのか、対話の場から期待できることは?
その後どんなことを感じているのだろう、若者へのメッセージなどなど、「読み物」として中味のある報告書になっています。
また、デザインは、ちらしデザインも担当してくれた若手デザイナーK-Sukeです☆
ぜひ、ご高覧ください。 ※ページごとにDL可能です。

 

表紙 1p 2p 3p 4p 5p 6p 7p 8p 9p 10p

11p 12p 13p 14p 15p 16p 17p 18p 裏表紙

2013年度 若者がいま/未来を語る ユースセッション 
2012年度 若者と共に生き方をデザインする

ページの先頭へ戻る