協会からのお知らせ


ユースサービス協会「震災支援の取り組み」について

更新日:2012年04月01日(日)

甚大な被害をもたらした、東日本大震災を受けて、京都市ユースサービス協会では、
2011年度、3つの柱を中心にした活動を展開してきました。

2012年度は、京都の若者の震災支援活動の支援を中心に取り組んでいきます。
若者支援を行っている団体として、この活動が被災された地域、みなさんのこれからの
力になるとともに、社会参加を通じて若者自身の成長につながることを願っています。

具体的な取り組み

8-O マークは、外部へのリンクで、別ウィンドウorタブで開きます。

被災地・被災者への支援に向けた取り組み

・『いわてGINGA-NETプロジェクト』にスタッフ派遣協力(2011年8~9月)
 『いわてGINGA-NETプロジェクト報告会』の実施協力(2011年11月13日)  
8-O NPO法人JIPPO主催『長野・富山・京都で仲間と過ごす夏休み~長野八ヶ岳』に
 スタッフ派遣協力(2011年7月)
・現地ニーズ調査(2011年4月・8月・9月)
・現地の若者情報、京都の若者の「想い」を発信するブログ『若者と東日本大震災』 (2011年10月~)
・『おこしやす癒しやす京都』(立命館大学産業社会学部(教授 遠藤保子・小澤 亘
 「企画研究」) 主催)の共催実施(2012年1月6日~1月9日)

震災の影響で京都に移ってきた若者に向けた取り組み

・京都に避難してきている小・中・高生対象『夏休み学習会』の実施(2011年8月)
・学習サポート『スタディスペースふしみ』の実施(2011年10~3月)
・学習&交流事業『スタディスペースふしみ』の共催実施(2012年5~7月/9~12月)
・学習サポート『スタディスペースやましな』の実施(2011年10~12月) 
・学習サポート『寺子屋らくだ』( 8-O 緊急災害ボランティア団体らくだ主催)の共催(2011年11月~)
・『 8-O あつまっぺ!実行委員会』に参画(2011年7月~)
 『あつまっぺ!京都子ども・子育て情報祭』にブース出展(2011年7月4日)
 『県人のつどい in 京都 』にあつまっぺ!実行委とともにブース運営に協力(2011年9月17日)
 『あつまっぺ!芋煮祭』への協力(2011年10月23日) 
・『 8-O 東北子ども会』への会場協力、広報協力(2011年8月、9月、2012年3月)

京都に住む若者と震災支援活動をつなぐ取り組み

・『震災、その後 ―話せる場・人・機会―』(情報提供・相談事業)
・『T – Café ~震災×自分~』(2011年11月21日、12月19日、2012年1月16日、2月20日)
・『きょうと若者アーカイブ2011 ~震災、その後~』 (2011年11月~2012年3月:撮影) 
・『きょうと若者アーカイブ2011 ~3.11から、京都の記録~』(2012年10月~:公開)

・伏見センター『写真展3.11大震災の記録 ふるさとはあきらめない!』(2011年10月29日~11月1日) 
・ 〃 『東日本大震災チャリティーCafé&コンサート・震災ボランティア活動報告』(2011年5月28日)
・南センター『ロビーギャラリー「立命館大学写真部 東北震災展」』(2012年3月19日~31日) 
・ 〃 『災害支援ボランティア活動写真展Ⅱ[鎮魂~子どもたちの居た場所~]』(2011年11月1~15日)
・ 〃 『災害支援ボランティア活動写真展・報告会』(2011年8月13日~8月25日) 
・中京センター『震災セミナー(ユースinfo課題別セミナー)』(2011年7月30日、8月6日)
・ 〃 『ユースinfo.スクエア事業 ロビープログラム「震災写真展」』(2011年7月~11月)
・北センター『北こみフェスタ』にて、震災支援活動の紹介コーナーを設置(2011年3月10日)

・京都学生祭典『京縁~届け!京都の思い』への写真提供(2011年9月3日~9月8日) 
8-O 学生PLACE+主催 『Ima~震災スペシャル~』へのスタッフ派遣(2011年10月11日)
・LIVE KIDS in 新風館にてブース出展(2012年1月14、15日)
8-O JASP KYOTO イベントにてブース出展/広報協力、協賛(2012年2月26日)
・京都教育大学 学生団体F-Projectに取材協力(2012年8月)

ページの先頭へ戻る