協会からのお知らせ


【参加御礼】5/14(日)第1回「教えて、保健室」

更新日:2023年05月20日(土)

若者の支援にかかわる人がつながり、問い直す学び場。renew

コロナ禍に顕在化した若者期の孤立や生きづらさ、こども家庭庁設立による若者の声や参加など、若者をめぐる社会問題や制度に関心が高まっています。

一方、若者とかかわる現場において、支援や制度に“のれない”・“のらない”若者を前に、その「狭間」にこそ価値を見出したり、社会制度にモヤモヤしたりすることはありませんか?

現場で感じる、支援や制度設計そのものへの「違和感」や、若者たちとの「関係性」をヒントに、かかわる側が自らを問い直し、サポーティブなつながりをつくれる新しい学び場をと考え開催します。


第1回  「教えて、保健室。」☆終了しました☆

    
  

・生徒が「保健室」をどのように活用しているのか
・コロナ禍に起きた変化とは?
・養護教諭が、学校内でどんな役割を担っているのか
・教育支援担当との連携についても
・保健室の中の机配置や別室の工夫

などなど、たくさんの実践報告をいただいたのち、参加者同士で感想共有したり、日ごろの関心を話したり…
ティータイムではそれぞれの活動について紹介しあったり、新しいプロジェクトを考えてみたり…

ゆっくり、じっくり考えて話す機会。自身を見つめなおす機会、、、そんな場になったことを嬉しく思います。


たくさんの参加、ありがとうございました!

  • 日 時:2023年5月14日(日)10:00~13:00
  • 場 所:京都市中央青少年活動センター 大会議室 ※対面会場参加のみ
  • 参加費:無料
  • 対 象:養護教諭、ユースワーカー、児童養護施設等職員、居場所づくり等NPOスタッフなど
  • 定 員:20名(事前申し込み制)

ちらしはコチラから

▶内容

「保健室で出逢う若者たちのSOSやその背景について」
 (話題提供=山村和恵:養護教諭・思春期保健相談士)
・意見交換 小グループで感想や日ごろの違和感を共有します。
 (ファシリテーター=竹田明子:チーフユースワーカー)

・TEA BREAK ~参加者同士の交流時間~  ☆任意参加☆

▶お申込み

・以下のフォームまたはお電話にて申し込みください。

ページの先頭へ戻る