協会からのお知らせ


『おこしやす癒しやす京都』共催実施(終了)

更新日:2012年01月10日(火)

終了しました

京都市ユースサービス協会では、被災地・被災者の支援に向けた取り組み、震災の影響で京都に
移ってこられた若者への取り組み、京都の若者と震災支援活動等とつなぐ取り組みを行っています。

その一環として、立命館大学(産業社会学部 教授 遠藤保子・小澤 亘(企画研究担当))主催
『おこしやす癒しやす京都』を共催実施しました。

この取り組みは、2012/1/6(金)~1/9(月)に福島の被災された中高生を京都へご招待する企画です。
京都に避難してきた被災地の小中高校生が大学生や京都に避難してきた被災地の人々と共に
京都ならではのイベントに参加・体験して、心身共にリフレッシュしていただくこと、また被災された
方々の思いを共有し、共に励ます関係を築くことができる機会となるよう企画されたものです。

  • 日時  2012年1月6日(金)~1月9日(月)
  • 場所  京都市内(宿泊は立命館大学衣笠セミナーハウス)
  • 参加者 被災された福島県の中高生/震災の影響で京都に移ってきた小中学生/14名
  • 主催   立命館大学(産業社会学部 教授 遠藤保子・小澤 亘(企画研究担当))主催
  • 共催  (財)京都市ユースサービス協会

くわしくはこちら → 立命館大学『おこしやす癒しやす京都』

ページの先頭へ戻る