協会からのお知らせ


きょうと若者アーカイブ2011 ~3.11から、京都の記録~

更新日:2012年10月01日(月)

京都の若者が東日本大震災からの想いを語った動画・コンテンツ。

「忘れないために、語ろう。」

2011年3月11日に起こった東日本大震災…
あなたは、なにを感じましたか?そして、今なにを思っていますか?

突然流れたニュースや映像、その後の復興支援をはじめとした社会課題に対し、被災地から離れた京都での受け止め方や向き合い方は人それぞれでしょう。若者も様々な思いを抱えて、実感を持てずにいる者もいれば、何かしたい思いを持ち現地へ赴く者、改めて自分の日常を見直してみる者もいます。

そんな若者たちの「今」の思いを記録として残そうと、京都の若者が想いを語る動画・コンテンツを作成しました。ここには、等身大の言葉で語る若者の姿があります。私たちには、この若者の想いが、先の何かにつながっていくように思えてなりません。ここから見えるものは何か、一緒に考えていただけると嬉しく思います。


動画レビュー

関係のみなさまより、動画「きょうと若者アーカイブ」へのコメントをいただきました。

  • 小林 政夫 さん(立命館大学 サービスラーニングセンター 主事)
    この動画を見る際は、紙に書かれた文字ではなく、若者の目を見てほしい。登場する若者たちは1人10~30秒ほどで想いを語ってくれるが、とてもそんな短時間で … → 続きはこちら
     
  • 河田 のどか さん(NPO法人 さくらネット 職員)
    1人の若者の【行動に移さないと次につながらない】という言葉が、特に印象に残りました。この映像で語る若者のメッセージからは、若者が“行動に移している” … → 続きはこちら
     
  • 中塩路 良平 さん(京都新聞社 編集局 社会報道部 記者)
    57人の言葉、表情は東日本大震災がいかに多くの人の心を揺らしたのか、を改めて教えてくれました。「誰かの役に立つ人間になりたい」「地域の大切さを実感 … → 続きはこちら

動画一覧

きょうと若者アーカイブの動画一覧。全編をテーマ別に3分割したテーマ毎と10分程の短縮版を掲載。

短縮ダイジェスト版 動画 (10分48秒) 予告編1、2
オープニング~テーマ1 テーマ2 テーマ3~エンディング

きょうと若者アーカイブに出演している若者2名をピックアップしてのロングインタビュー。
短い動画の中では表現しきれなかった思いやキーワードを選んだ背景を語っていただきました。

  • 小原 里佳さん(Youth for 3.11)
    2011年9月、Youth for 3.11の「若さと寝袋」プロジェクトに参加、現地の復興支援に関わり、翌年5月にも石巻を訪れている。3月11日の震災からどんな思いで… → 続きはこちら
     
  • 鳥部 聖人さん(東北こども会)
    現地での活動とは違う「東北こども会」という京都へ避難している子どもへのアプローチで
    震災支援に関わっている。その彼がアーカイブのなかで語ったもの… → 続きはこちら

動画完成に寄せて ~制作メンバー座談会~

アーカイブ制作を担当したメンバーが、完成ののち、制作過程をふりかえります。 

  • 実際に撮影に行ってどうでした?
  • 撮影時の様子はどうでした?
  • 私たちはこの映像を誰に伝えたい?

 こんなことを話しています。ここだけの裏話も…。
詳しくはこちら


コンテンツ一覧

  1. きょうと若者アーカイブ ロングインタビュー
     ・小原 里佳さん(Youth for 3.11)
     ・鳥部 聖人さん(東北こども会)
  2. 動画レビュー/出演者・関連団体紹介
  3. 動画完成に寄せて~制作メンバー座談会~

動画情報

動画名   「きょうと若者アーカイブ2011 ~震災、その後~」
出演者   57名 (10代、20代の若者)
撮影期間  2011年11月~2012年3月
総時間数  全編 32分36秒 / ダイジェスト版 11分48秒 /
      テーマ1 10分22秒 /テーマ2 12分59秒 / テーマ3 09分15秒
製作年月  2012年9月
製作    公益財団法人 京都市ユースサービス協会
制作    京都市ユースサービス協会 震災支援プロジェクト
編集    震災支援プロジェクト 及び 編集ボランティア


京都市ユースサービス協会「震災支援の取り組み」のページへ


ページの先頭へ戻る